WEBマーケターへの転職|キャリアアップするためのプロセスとは

インターネットやスマートフォンの普及から、WEB関係の職種はとても注目されています。その中でもWEBマーケターはスキルを身につけてキャリアアップしたいという願いが叶えやすく、未経験からの転職を考えている人も多い職種です。

 

では、どのようにすればWEBマーケターとして活躍できるようになるのでしょうか。この記事では、WEBマーケターの仕事内容や働き方、未経験からの転職、キャリアアップについて解説していきます。

 

WEBマーケターとは

WEBマーケターは、多くの人が利用したいと思えるWEBサービスやアプリを作ったり、WEBを通して商品やサービスを宣伝して売り上げを伸ばしていくというような仕事を行っています。

 

沢山の人が利用したいと思えるものを作っていくという点で、とてもやりがいがある仕事です。では、そんなWEBマーケターの仕事内容や年収、将来性などを見ていきましょう。

 

仕事内容

WEBマーケターは、WEBサイトのコンテンツを充実化させていくことで、商品の購入やサービスの利用をうながします。主な仕事内容としては、SEOや広告・SNSの運用に関する施策の実行や分析などです。

 

しかし、WEBマーケターは以下の3つに分かれており、それぞれで仕事内容の詳細は異なります。

 

  • 広告マーケター
  • SEOマーケター
  • SNSマーケター

 

具体的にどのようなことを担当していくのか、詳しく見ていきましょう。

 

広告マーケター

広告マーケターは、WEBサイトに表示する広告を手掛ける仕事です。Googleで検索すると、検索した画面に広告が表示されることがありますが、これはWEBマーケターによって作成されています。

 

ユーザーがよくチェックしているものに関連した広告が表示されるようになっていて、この広告をクリックしてユーザーに商品やサービスを購入してもらうのが目的です。広告マーケターは、いかに商品やサービスに興味を持ってもらえるかを意識して広告を作らなければいけません。

 

広告をただクリックしてもらうだけでなく、購入までつなげるためのルートを作り上げる必要があります。

 

SEOマーケター

SEOはGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるための施策で、WEBマーケティングを行う際に欠かせないものです。自社のサービスや商品の認知度を高めるためには、SEOを抑えておかなければ競合他社に勝てないともいえるでしょう。

 

SEOマーケターは、自社のサービスや商品をPRできる記事を上位表示させていくことで集客します。検索結果の上位表示は目に見えて分かりやすく、数値で見ることも可能なので、やりがいも実感しやすいでしょう。

 

SNSマーケター

SNSマーケターの仕事は、LINEやInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSの運用や広告を出すことです。自社の公式サイトにたどり着いてもらうための工夫を施したり、オリジナルコンテンツの配信などで集客をしていきます。

 

関連する企業などのフォロワーになり、そこから顧客を獲得していくというような手法をとっている企業も多い傾向です。SNSは多くの人が利用しているサービスなので、効率よく集客できる方法として注目されています。

年収

WEBマーケターの年収は、経験年数によって差が出やすいです。例えば未経験からスタートした場合やWEBマーケターとして仕事を始めたばかりだと、年収300万円~400万円くらいというケースが多いでしょう。

 

そこから経験を積んでいくことで、年収600万円や年収1000万円という人もいます。全体の年収相場としては400万円?500万円程度ですが、自分の努力次第で高収入を目指せる仕事です。

 

将来性

電通により発表されている日本の広告費データを参照すると、インターネットを利用した広告費というものは、年々増加傾向にあるということが分かります。インターネットやスマートフォンの普及から、ネット広告を見ている人が増えているからでしょう。

 

それに伴って、WEBマーケターの仕事も需要が増えています

 

SNSも利用者が多く、コロナ禍で自宅時間が増えたことなどからも、今後もWEBを通して商品やサービスが宣伝される機会は多くなるでしょう。そういった点から、WEBマーケターの仕事はますます増えると予想されます。

 

WEBマーケターに転職するなら

WEBマーケターが活躍できる場所としては、WEB会社や広告代理店、事業会社などがあります。

 

どのような場所で働くのか、どのようなポジションで働くのかによって収入に違いが出てきますし、自分のキャリアのためにもしっかりと転職先を選ばなければいけません。

 

また、未経験から働ける場所もあれば、即戦力を求めている現場もあります。経験を重ねていくことでフリーランスとして働くことも可能なので、自分のスキルや将来の目標を見据えて判断しましょう。

 

ここでは、WEB会社、広告代理店、事業会社、起業・フリーランスのそれぞれの特徴などを解説していくので、参考にしてみてください。

 

WEB会社

WEBマーケターがWEB会社で働く場合、さまざまな企業から依頼を受けて、その会社のサービスや商品を売るための手法を考えていくことになります。

 

その企業の売り上げをさらに伸ばすためにはどうしたら良いのか、という戦略を立ててコンテンツを作っていかなければいけません。コンテンツを作ったら、沢山のユーザーを呼び込んでいくためにSEO対策などを行っていきます。

 

また、完成したコンテンツの運用や管理もWEBマーケターの仕事です。WEB会社で働く場合、最初は上司のサポートから始めて、徐々に企業専属の担当者として任されることが多いです。

 

広告代理店

広告代理店では、テレビや雑誌、ラジオ、新聞などに掲載されるような広告をWEB媒体でも利用できるように変えていくというような仕事などがあります。

 

インターネットの広告だけにとどまらず、オフライン広告の知識も身につけることができるのが、広告代理店の魅力です。広告プロモーション全般を幅広く学ぶことができるでしょう。

 

広告代理店ではオフライン広告に詳しい人材が多く、WEBマーケティングに関しての知識を持つ人材が不足しがちなので、需要は高いです。広告代理店では、求人広告のWEBマーケターのお仕事も注目されています。

 

事業会社

ある商品やサービスを作り出し、それを販売している会社を事業会社と呼びます。事業会社でWEBマーケターとして働く場合、自社の商品やサービスを売る手法を考えていくことになるでしょう。

 

その会社の商品やサービスに興味があると、WEBマーケターとしてよりやりがいを感じられます。おすすめの商品をSNSでPRしたり、商品の紹介をWEBで行うといった仕事がWEBマーケターの担当する分野です。

 

化粧品会社、飲食会社など、さまざまな業界があるので、気になる業界でWEBマーケターの求人が出ていないか探してみると良いでしょう。

 

起業・フリーランス

フリーランスとしてWEBマーケターの仕事をしたい、WEBマーケターとして起業したいという場合は、ある程度経験を積んでから独立したほうが顧客を獲得しやすいです。

 

フリーランスとして活躍するには、ある程度ジャンルを絞ったほうが良いでしょう。例えば、「SNSの運用を専門にする」、「美容ジャンルに特化している」など、自身のスキルに合わせて業務の幅を決めておくと依頼を受けやすくなります。

 

起業をする場合にも、最初はジャンルを絞って、企業規模の拡大とともにだんだん仕事の幅を広げていくのがおすすめです。

 

まずは、クラウドソーシングサービスに登録して仕事の実績を増やす、今までWEBマーケターとして働いていた人は人脈なども活用して顧客を獲得することから始めましょう。

 

WEBマーケターのキャリアパス

WEBマーケターとして働いていく上で、どのようなキャリアを築いていけるかは重要なポイントですよね。WEBマーケターとしての道のりは、まずWEBマーケターとして学びを深めていくことから始まります。

 

そこからどうやってキャリアアップしていくのか、以下の3段階で紹介していきます。

 

  • WEBマーケターとして学びながら活動
  • チームリーダー・ディレクターとしてチームを持つ
  • 経営者・責任者を目指す

 

それぞれの段階ごとに解説するので、見ていきましょう。

 

WEBマーケターとして学びながら活動

WEBマーケターとして活躍する場合、まずはWEBマーケターとしての知識を深めていかなければいけません。特に未経験からスタートした場合は、アシスタントとして先輩の仕事を見ながら知識を深めていくことになるでしょう。

 

まずは特定の分野を担当し、そこから業務の幅を広げていくというようなケースが多い傾向です。WEBマーケターの基本を学ぶことで、幅広い業務に対応していける知識を身につけます。WEBマーケティング業界は変化が激しいので、それらをリサーチしていく能力も身につけていく必要があるでしょう。

 

チームリーダー・ディレクターとしてチームを持つ

WEBマーケターの基本を身につけて、1人でも実績を出せるようになってくると、チームリーダーやディレクターとしてチームを引っ張っていく担当者になれます。

 

リーダーになるためには、チームのメンバーの個性をしっかりと把握して、チームをマネージメントしていく能力も必要です。また、チームで作り上げていくコンテンツに関して、結果を出すための戦略や結果を分析する能力も求められます。

 

チームの人数は、2?3人から10人など案件によって異なります。

 

経営者・責任者を目指す

WEBマーケターとしてさらに上の立場になるなら、責任者や経営者も目指せるでしょう。主に、社内のマーケティング全体を総括する役員や、WEB広告の会社を自分で立ち上げて経営者になるなどがあります。

 

WEBマーケターの仕事で、経営者や責任者になるには、実績が重要です。数多くのクライアントとのやり取りの中で信頼関係を築くことで、責任者や経営者として活躍できるようになるでしょう。経営者になる場合は、マーケティング以外にも経営の知識などが求められます。

 

未経験でもWEBマーケターに転職できる?

未経験からWEBマーケターになることは可能です。しかし、未経験からWEBマーケターとして独り立ちして、企画やコンテンツの立ち上げ、運用、分析、管理とすべて行えるようになるまでは、ある程度時間がかかります。

 

少しずつ経験を積んでスキルアップしていくためには、まずはWEBマーケターとして未経験から働ける職場を探して就職し、そこで経験を積んでからさらにスキルアップするための転職や独立を考える必要があるでしょう。

 

経験がない方は、まず未経験でも就職できる企業から探してみてください。

 

WEBマーケターに必要なスキル

WEBマーケターとして活躍するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。WEBマーケターは業務範囲が広く、常に最新の情報を入手していかなければいけないので、さまざまな知識を身につける必要があります。

 

中でも重要となってくるのが、以下の5つのスキルです。

 

  • マーケティングに関する知識
  • 顧客を理解する力
  • コミュニケーション能力
  • データ分析能力
  • 企画力

 

それぞれのスキルを詳しく見ていきましょう。

 

マーケティングに関する知識

WEBマーケターとして活躍するためには、マーケティングの知識が必須です。WEBマーケターは未経験から挑戦できるとはいえ、活躍していくためにはマーケティングは必ず覚えなければいけません。

 

特に、WEBマーケターはWEBやSNS、広告など仕事の幅が広いので、多くの知識が求められます。幅広い業務に対応して最適な行動をするためには、マーケティングに関する知識は網羅しておきましょう。

 

顧客を理解する力

WEBマーケターは、顧客を理解する力が重要視されます。

 

WEBマーケターは、サービスや商品の情報を集めている見込み顧客がどのようなことを知りたいと思っているのか、何を求めているのかということを把握して、先読みしてコンテンツを作り上げていきます。

 

自分が顧客だったらどういうコンテンツを見て商品の購入やサービスの利用を検討するのかなどを想像して、顧客の思考や行動を把握・予想する力が求められるのです。

 

コミュニケーション能力

WEBマーケターには、コミュニケーション能力も大切です。これはWEBマーケター以外の仕事でも求められる能力ですが、WEBマーケターはさまざまな部署と関わってコンテンツを作り上げていくため、特に欠かせません。

 

また、他社からの依頼を受けてマーケティングを行う、フリーランスとしてマーケティングの依頼を受ける場合には、クライアントとのコミュニケーションも重要です。クライアントが求めている成果を正しく理解して、施策の実行や分析をしなければいけないため、綿密なコミュニケーションが必要とされます。

 

データ分析能力

WEBマーケターには、データを分析する力も求められます。作成したコンテンツに関してどれだけのアクセスがあったのか、実際にどれくらい売れたのか、成功した点や失敗してしまった点などを細かく分析して、次につなげていかなければいけません。

 

マーケティングを行う上で、データはとても重要です。データを正確に読みとって分析することで、顧客の行動やニーズを正しく把握できるようになるでしょう。

 

企画力

WEBマーケターとして活躍していくためには、企画力も重要です。マーケティングでは新しいコンテンツを立ち上げる際に、どんな内容のコンテンツにするのか、どのタイミングで開始するのかということを細かく企画します。

 

また、どれだけ良いコンテンツでも、タイミングがずれるだけで反響が大きく変わってしまうという場合もあるでしょう。企画は内容だけでなく、タイミングやスピーディさも大事なのです。企画を提示するタイミングの調整なども、WEBマーケターのスキルとして必要になってきます。

 

WEBマーケターへの転職でキャリアアップするならKOBUSHI MARKETING

WEBマーケターは、SEOや広告・SNSの運用に関する施策の実行や分析などを行うことで、ユーザーに商品の購入やサービスの利用をしてもらう仕事です。

 

WEBマーケターはWEB会社や広告代理店、事業会社などで活躍できます。また、経験を積めばフリーランスとして働いたり起業することも可能です。WEBマーケターとしてキャリアアップするなら、チームディレクターやチームリーダーを経験した上で、経営者や責任者を目指すと良いでしょう。

 

未経験からWEBマーケターに転職することも可能ですが、キャリアアップするためには経験を積んでからの転職や独立をしたほうが良いです。

 

WEBマーケターに転職してキャリアアップするなら、KOBUSHI MARKETINGをご利用ください。セミナーでは未経験の方でもマーケティングについて学べて、交流会ではWEBマーケターとして働いている方やさまざまな企業と人脈を築けます。